日本詩吟選手権

大会概要

日本詩吟選手権は30年以上続けられている歴史ある大会であり、吟詠の普及発展並びに吟詠技術の向上をめざすことを目的としています。

※第34回日本詩吟選手権 首都圏各地区予選会の申し込みが始まりました。

日本詩吟選手権歴代優勝者
第1回 昭和63年大平 神州
第2回 平成元年二見 好子
第3回 平成2年廣瀬 能久
第4回 平成3年丸山 康文
第5回 平成4年常田 幸子
第6回 平成5年原 新一郎
第7回 平成6年田中 静子
第8回 平成7年望月 信光
第9回 平成8年田口 絢子
第10回 平成9年生方 照代
第11回 平成10年藤沼 郁子
第12回 平成11年山田 豊子
第13回 平成12年中村 實
第14回 平成13年石島 陽子
第15回 平成14年横山 良子
第16回 平成15年青木 正男
第17回 平成16年石島 陽子
第18回 平成17年石川 澄子
第19回 平成18年今堀 浩代
第20回 平成19年露木 孝一
第21回 平成20年武島 眞美
第22回 平成21年阿部 香織
第23回 平成22年松宮 弘享
第24回 平成23年高田 束
第25回 平成24年渡部 仁詞
第26回 平成25年石川 千尋
第27回 平成26年川 敏雄
第28回 平成27年藤田 忠三
第29回 平成28年西 京子
第30回 平成29年戸張 真紀
第31回 平成30年三浦 洋介
第32回 平成31年小倉喜久男
第33回 令和3年西岡佐智世
日本詩吟選手権大賞受賞者
平成20年大賞 大田 錦虹
平成24年大賞 松宮 謳岳
平成28年大賞 川 牧岳