さ行

戻る

  • 四時(陶潜)
  • 自詠(菅原道真)
  • 自詠(呂洞賓)
  • 慈恩塔に題す(荊叔)
  • 四海波(本宮三香)
  • 自画に題す(夏目漱石)
  • 時事偶感(杉浦重剛)
  • 志士平野次郎の銅像を仰ぐ(松口月城)
  • 四十七士(大塩平八郎)
  • 自訟(杉浦重剛)
  • 辞世(吉田松陰)
  • 辞世(上杉謙信)
  • 七五三(大野恵造)
  • 七里ヶ浜の夕(角光嘯堂)
  • 失題(久坂玄瑞)
  • 失題(古荘嘉門)
  • 詩道(松口月城)
  • 児に示す(陸游)
  • 社友小集(福沢諭吉)
  • 舟中子規を聞く(城野静軒)
  • 秋思 (許渾)
  • 秋思(劉禹錫)
  • 秋思 (張籍)
  • 出郷の作(佐野竹之助)
  • 秋浦の歌(李白)
  • 春夜洛城に笛を聞く(李白)
  • 春行して興を寄す(李華)
  • 従軍行(王昌齢)
  • 従軍行(乾隆帝)
  • 出塞行(王昌齢)
  • 春簾雨窓(頼鴨厓)
  • 春暁(日柳燕石)
  • 春暁(孟浩然)
  • 春初感を書す(安積艮斎)
  • 春日家に帰る(正岡子規)
  • 春日偶成(夏目漱石)
  • 春風(白居易)
  • 春夜(蘇軾)
  • 春流(北条時頼)
  • 修学(夢窓疎石)
  • 女児誕生(松口月城)
  • 初夏即時 (王安石)
  • 暑を山園に避く(王世貞)
  • 書を観て感有り(朱熹)
  • 書懐(篠原国幹)
  • 諸生と月を見る(中江藤樹)
  • 松竹梅(松口月城)
  • 焦心録後に題す(高杉晋作)
  • 鐘山即事(王安石)
  • 蜀中九日(王勃)
  • 銷夏の詩(袁枚)
  • 松下村塾(徳富蘇峰)
  • 聖徳太子(松口月城)
  • 除夜の作(高適)
  • 城東の荘に宴す(崔敏童)
  • 城(丘灯志夫)
  • 城山(西道僊)
  • 新正口号(武田信玄)
  • 新涼書を読む(菊池三渓)
  • 秦淮に泊す(杜牧)
  • 神技居合道(松口月城)